次回公演

15周年記念公演

The 15th Anniversary sun selection Vol.1


「嘘つきアポロジー:Re」(仮)


脚本・演出/中村太陽

日時:2019年4月19日(金)〜4月21日(日)

場所:下北沢 駅前劇場


CAST

山田青史 浅賀誠大 浜田カオス 瀬畠淳 山田直人 板本未緒 小池首領 他


予告映像(過去:嘘つきアポロジーより)

https://www.youtube.com/watch?v=2n0hJAdRsC4


モノローグ(過去:嘘つきアポロジーより)

誰かが言った。 誰かが言った。


どれだけ幸福な人生だと、周りが褒め称えたとしても

後悔が残らない人生なんてありはしない。


誰もが「満足だった」と、自分に言い聞かせ

二度と生まれ変わってこないよう願いを込めて笑って旅立つ。

 

自分が世界から消えた後に行き着く場所が天国か地獄か

そんモノながあったとしても、所詮、誰もが辿りつく前に振り落とされてしまう。

 

その光景は、綺麗で悲しい雨に見える。

 

過去の過ちを過ちと認めると、足が止まるから

自分を騙し平然を装い足を踏み出す。

 

こんな僕を君は許してくれると言うけれど

僕は今でも自分のことが許せないんだ。

 

誰が誰を許したとしても僕は僕を許さないだろう。

 

きっと。


地上に憧れ続けた魚が

憧れ続けているだけでよかったと気づく頃には、

もう、上手く泳ぐ術を忘れてしまっているように。


それでもブサイクで歪なソイツは憧れ続けるのかもしれない。

 

今度は後悔しないように

他人に嘘をつき、優雅な人生だったと自分を騙す為に。


 そして、本当に最後の時に思い出すんだ。


 自分は偽りの道を進んで来たのだと。


 そんな僕等が残すのは「サヨナラ」なんかじゃなく「ゴメンナサイ」


 僕から僕へ。僕から君への最後の言葉。

※【アポロジー:陳謝。または正当性を主張する事】